フィット買取メイン画像

オークションで売る

車を売却する方法の一つに、オークションが挙げられます。
さらにオークションでの売却にも、二通りの手段が存在します。

・業者用オークション
・ヤフオクなどの個人オークション

ではこの二つ、どちらがいいのかという話になりますが、実はどちらもおすすめは出来ません。
というのも、どちらにも大きなデメリットが存在するからです。

手数料のかかる業者用オークション

そもそも業者用オークションに参加するには、許可証が必要です。
この許可証は中古車販売業者などにしか発行されないものであり、一般人が手に入れることはまず不可能です。
そのため業者用オークションに出品したい場合、代行を利用することになります。

代行には勿論、手数料がかかります。
それで元が取れるならばいいですが、オートオークションでの高値の売却は難しいです。

最終的に手数料などを含めて計算してみると、普通の買取業者で売却した方が高く売れていた…なんてことも珍しくはありません。勿論例外もありますが、こればかりは出品してみなければわからないので、かなりの賭けになります。

 

危険の多い個人オークション

個人オークションは業者用オークションとは反対に、手軽に出品が可能で、尚且つ手数料も安い所が多いです。
利益率だけでみると、かなり良いと言えます。

しかし個人オークションでは、トラブルが非常に多いです。
落札後、車を受け渡した後に、ここがおかしい、ここの整備はどうなっているんだ、こんな欠陥があるなんて聞いていない…などなど。
かなりの確率でクレームがくると言われています。
事前に『ノークレームノーリターン』と書いておけば大丈夫、なんてことはありません。

何故こんなことが起こるのかというと、落札者側に車屋から購入したのと同じ感覚でいる人間が非常に多い為です。
車屋で販売されている車は値段は高いですが、きちんと整備された、質の良い車を購入することが出来ます。
オークションにでている車も、車屋のものと同じような状態で来ると思っている人が、非常に多いんですね。
そのため気になる所があればすぐにクレームを付けてきて、それがトラブルの元となっています。

 
個人売買についてはこちらのページをご覧下さい。
>>個人売買はどうなの?

クレーマーの存在

さらにオークションには、更に質の悪いクレーマーの存在があります。
こちらは先ほどのものと少し異なり、端からクレームをつけること前提で車を落札し、
引き渡し後「あそこが壊れていた」などのクレームを出し、修理費を要求してきます。

クレーマーなんて余程運が悪くなければ大丈夫だろう、と思っている人もいるでしょう。
私も過去そう思っていた時期もありましたが、実際に自分や知り合いがオークションでのクレームに巻き込まれて以来、考えを改める様になりました。

ちなみに私は外車のミッション載せ代え代金として、落札者から40万円請求をされたことがあります。

このようなことは決して珍しいことではないんです。
車の売買はかなり大きなお金が動くことになりますので、個人オークションは絶対におすすめできません。

では一体どうすればいいのか

一番いい方法は、やはり車の買取業者に買い取って貰うことでしょう。
大手の買取業者を選べば、まず安全な売買は保障されます。

しかし買取業者に売却すれば必ず高く売れる、というわけではありません。
高く売却する方法を下記のページで紹介していますので、是非参考にしてください。
>>フィットを高く売るなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ