フィット買取メイン画像

故障車は売れない?

車を買い替えるタイミングとして多いのは、車が故障してしまった時ではないでしょうか。
しかし故障車では業者に買い取って貰うことも出来ない…と諦めてる方も多いのではないでしょうか。
大半の業者は、実は故障車でもしっかり買い取ってくれます。

何故誤解されるのかというと、故障車と修復履歴のある車がごちゃ混ぜになっている人が多いからです。

・故障車 = 現在どこかしら故障のある車
修復歴車 = 車の骨格部分の修理をしたことのある車

一見似ていますが、この二つだと意味も、また買取業者の査定額も大きく異なってきます。

故障の度合いにもよりますが、交渉車は査定額にそこまで影響を与えないことが多いです。
対して修復歴のある車は、査定額が大きく下がる傾向があります。

思わぬ落とし穴、査定前の修理

結論を先に言えば、車を査定に出す前に故障している部分を修理しておく、というのはやめておいた方がいいでしょう。

理由としてはそれで査定額が上がっても、結果的に修理にかかった費用の方が高くつくことになり、間違いなく損をする羽目になります。

例え故障車であっても、査定にはそのまま出すようにしましょう。

だからといって勿論、故障部分を隠すような真似はいけません。
相手はたくさんの車の査定を行っているプロですので、虚偽の申告をしても必ず見抜かれてしまいます。
後から虚偽申告が発覚し、買取キャンセルになってしまうことも多いです。

正に百害あって一利なし。
故障個所はきちんと査定時に伝える様に気を付けましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ