フィット買取メイン画像

査定に出す前にしておくべきこと

最初に念頭に置いておきたいのは、車を売るということはそれを買う人がいるということです。
なので車を売る前には、自分が車を買う時はここを見るな、というポイントに気を付けておきましょう。

まず誰もが気にするのは、車の見た目ですね。
ここの見た目というのはあくまで車が綺麗かどうかになるので、洗車をきちんとしておく程度で大丈夫です。

ストップ!査定前の車の修理!

傷も修理した方が良いのでは?と思うでしょうが、間違ってもそれはしないでください。
修理をすれば多少査定額は上がりますが、結果的に修理にかかった費用の方が高くつく羽目になります。

間違いなく損をする羽目になるので、そのまま持っていくようにしましょう。
ただし傷や不具合がある場合も隠さず、きちんとその旨を査定士に伝えておくようにしてください。
隠していても必ずバレることなので、嘘はつかないようにしましょう。

実は重要な査定士へのアピール

売ってしまうのにわざわざ洗車は必要なの?買取側でどうせやるでしょ?と思うかもしれませんが、洗車をしておくと査定士の印象が良くなります。

この査定士からの印象というのは、実はとても重要です。なんといってもこの人の裁量で、買取額が決まるのですから。

査定する側としては、汚い車よりも綺麗な車の方が傷などのチェックがし易い為、良い印象を持ちます。
また洗車の他にも、査定士本人への気配りにも気を付けておけば、あちらも悪い査定額はつけにくくなります。
逆に査定士に悪い印象を与えてしまうと、まず高額での査定は望めませんので、出来るだけ好感を持って
もらうように気を付けておきましょう。
サブコンテンツ

このページの先頭へ